2歳馬勝ち上がり評価 トップナイフ

2022-09-04 未勝利 札幌1R芝2000m
1着トップナイフ
 
前走と同じく逃げて、他馬の追従を許さずに勝ち上がったトップナイフ。
走行データから特性を見ていきます。

1F毎ラップ(秒):12.71-11.51-11.81-12.36-12.61-12.41-12.40-12.50-12.05-12.15
1F平均ストライド長(m):6.33-7.16-7.21-7.07-7.00-7.10-7.13-6.99-7.00-7.04
レースタイム:2.02.51


ストライドはスタート後に約7.0~7.2m前後で推移しています。中距離を安定して走るのが得意そうに見えます。消耗の少ないレース運びができるタイプであり、極端な末脚勝負の展開よりは、道中の位置取りも含めた、総合力が求められるレースが向いていそうです。
 
ピッチはスタート後スムーズに緩めており、スローに落として走る能力があります。その一方で全体推移をみると、道中に緩めてからラストのスパートもできています。L400~200mで一気のピッチ加速をしていますし、行きっぱなしの逃げでない展開でも問題ないでしょう。
 
ラップについては前走の未勝利戦(2022-08-13 未勝利 札幌1R 芝1800m)の数値と比較します。
 
2022-08-13 未勝利 札幌1R芝2000m
3着トップナイフ
1F毎ラップ(秒):12.51-11.90-12.55-13.06-12.63-12.06-11.96-12.06-12.15
レースタイム:1.51.43(稍重)
 
稍重だった馬場の影響もあったと思いますが、距離が1F短いにもかかわらず、13秒台で走る区間があり、9区間中の4区間で12秒台後半以上のタイムになりました。結果、追走する他馬に余裕をもたせる展開になってしまったのが敗因でしょう。勝利したレースでは12秒台後半のラップは10区間中の2区間に減っており、馬自体の走力がベースアップしたと見られます。短期間での成長が見て取れる比較結果だと思います。
 
総合するとトップナイフは「レース経験により総合力を高める能力」が高い馬でしょう。逃げて勝利していますが、ピッチやラップの内容からは、様々な位置や展開でのレースもできそうです。鞍上やレース展開によって意外性も見せられるタイプだと思います。
 
馬主、安原浩司様。勝ち上がり、おめでとうございます。
 
※勝ち上がり時点でのMahmoud評価
★推定適性距離:1800~2400m
★評価ランク:B(重賞級)

ABOUT ME

にし
平日はサラリーマンをしながら、週末を競馬に費やす日々。 ささやかながら広尾TCで一口馬主を始め、たまに募集馬のカタログを眺めてはニヤニヤしている。 馬券は本命の単勝と穴軸ワイドが好み