2歳馬勝ち上がり評価 サイブレーカー

2022-08-06 未勝利 新潟1R芝2000m
1着サイブレーカー
 
馬体重が410kg台という小柄な馬体ながら、実に大きなストライドを繰り出すのが特徴的なサイブレーカー。まずは2着となった福島芝2000m新馬戦から振り返ろう。その新馬戦における個別ラップおよび平均完歩ピッチは以下の通り。

走破タイム
2:03.56
13.56-11.90-12.33-12.83-13.00-12.60-12.20-12.13-11.63-11.39

残り700mから促されペースアップを図るもピッチが速まることはなく、残り500m手前からムチを数発入れられてもあまり反応せず。コーナー区間の走りは良くない。ようやくエンジンが掛かったのが4コーナーをクリアしてから。俊敏な反応とまでは言えない伸びとなり勝ち馬に0.1秒届かず。それでもラスト200m区間での平均ストライド長は勝ち馬を40cm近く上回る7.75mとなり、大きなストライドが目立った初戦であった。
 
舞台が新潟芝内回り2000mに変わった未勝利戦での個別ラップ、平均完歩ピッチおよび平均ストライド長は以下の通り。


一度レースを使った影響なのか、あるいは左回りが得意なのか判断はできかねるが、この2戦目での3~4コーナーではまずまずピッチを徐々に速めてコーナリングはできていた。しかし当馬の走りの良さは直線に入ってから。新馬戦時以上にピッチを速めラストスパート。ラスト200mでのストライドの伸びは秀逸。小柄な馬体とは似つかない雄大な走りが光った。
 
父Uncle Mo、母父Scat Daddyであり、Raise a Native、Nashua等の影響が強くダート色が色濃く感じられるところはあるものの、父方母方ともに満遍なく数多くのNearcoの血を有しクロスバランスが実に整っている優れた配合馬。そういった血統背景を踏まえ、そしてフットワークの質からして短期的な瞬発力勝負は分が悪いかもしれないが、持続力が求められる長い直線での攻防となれば当馬の良さが発揮されるのではないだろうか。おそらく晩成型。古馬での完成を目指してじっくり育って欲しい1頭である。
 
馬主、TNレーシング様。勝ち上がり、おめでとうございます。
 
※勝ち上がり時点でのMahmoud評価
★推定適正距離:2000~2400m
★評価ランク:B(重賞級)

ABOUT ME

Mahmoud
ラップ・完歩ピッチ研究家。競走馬走行システム研究所(うまけん)所長。 競馬に限らず、スキージャンプや陸上など、様々なスポーツに対して造詣が深い。 持っているのはギターに見せかけた犬。