2歳馬勝ち上がり評価 ロードプレイヤー

2022-08-21 新馬 新潟5R芝1800m
1着ロードプレイヤー
 
スローからの末脚勝負をする展開で、2着馬ブレイディヴェーグとのたたき合いを制して勝利したロードプレイヤー。
走行データから特性を見ていきます。

1F毎ラップ(秒):13.28-12.76-12.66-13.23-13.35-12.45-11.13-10.58-10.79
1F平均ストライド長(m):6.12-6.98-7.05-6.93-6.84-7.08-7.46-7.56-7.49
レースタイム:1.50.23


ストライドは後半800mでの伸びっぷりが非常に良いです。新潟外回りの下り坂区間にあわせて勢いを殺さずに走れています。カーブ区間でもストライドを伸ばして走っている点からは、大回りのコースに適性がありそうです。極端な失速や余力残しも見られませんし、距離は1800m前後が合っているでしょう。
 
ピッチはL1000m地点から徐々に回転を上げており、持続的にエンジンをふかしていくタイプに見えます。L700~600m区間での急加速をどう見るかが難しいですが、カーブを終えて直線区間に入ったことによるギアチェンジだと思います。馬自身が気持ちよく走れるのは直線区間なのでしょう。後半で大きく伸ばしているストライドとあわせて考慮しても、直線が長く加速できる外回りコースに適性があると思います。
 
総合するとロードプレイヤーは「外回りコースの直線で勢いをつけて加速していく能力」が高い馬でしょう。自分の武器をしっかり持っており、得意な展開で強みを存分に発揮すれば圧勝もできるようなタイプです。道中からの加速を活かしやすい京都競馬場の再開は、ロードプレイヤーにとって追い風でしょう。差し競馬ができるレース展開で、豪快に大外を回って勝利するのが、現状の好走パターンだと思います。
 
出資者のみなさま。新馬勝ち、おめでとうございます。
 
※勝ち上がり時点でのMahmoud評価
★推定適性距離:1600~2200m
★評価ランク:B(重賞級)

ABOUT ME

にし
平日はサラリーマンをしながら、週末を競馬に費やす日々。 ささやかながら広尾TCで一口馬主を始め、たまに募集馬のカタログを眺めてはニヤニヤしている。 馬券は本命の単勝と穴軸ワイドが好み